登録カードは大切に

防犯登録をしたとき、必ず下記のような自転車防犯登録カード(所有者用)が渡されます。
このカードは、自転車があなたの物であることを証明する大切な書類です。

次のような場合、必要となりますので、決して紛失することのないよう保管下さい。(このカードの再発行は出来ません。)

  1. 盗難届を警察に出すとき
  2. 自転車を他人に譲渡するとき
  3. 自転車を廃棄するとき

カードがあれば上記のようなとき手続きが非常にスムーズに出来ます。

登録カードは大切に保管しましょう!

自転車に防犯登録をしたら
携帯電話やスマートフォンで写メっておくと便利です(^^ ♪

自転車を買って、防犯登録をしたけれど・・・
盗難に遭って、盗難届を出そうと警察に行ったら、
「登録番号と車体番号を調べてからお願いします。」・・・
そしてこの時よくあるのが、
「あ!防犯登録のカードがない (T_T) 」
慌ててお店に聞こうと思ったものの・・・
さて、いつ頃買ったのかな?? どこで買ったのかな??
うーん (・・;)

こんな経験ありませんか?

自転車の盗難が多発しています。
登録番号や車体番号が分からないと捜索が出来ません。
まさか自分が・・・と安心しないで、いざという時のために、ぜひ、
お持ちの「携帯電話」や「スマートフォン」のカメラを使って、
ステッカーとカードを保存しておいてください。
きっと、役に立ちますよ(^^)

類似ステッカーに注意

岡山県下では、防犯登録と称して公安委員会指定の防犯登録に良く似たステッカーを貼っている販売店が見受けられます。
このような類似品と区別しやすくするため、平成22年4月1日よりステッカーのデザインが変わりました。
以下、旧デザインと新デザインを記載しますのでご確認下さい。

ベース型の形状で赤色のステッカーに黒色の文字で印刷されています。
(旧来のステッカーと同じです。)

1行目・・・警察署名
2行目・・・アルファベットと数字5桁
3行目・・・自転車防犯登録会
4行目・・・岡山県警察

以上が印刷されています。
今回の新様式から自転車防犯登録会と岡山県警察の名称が入っており、正規品であることが確認できるようになりました。
類似品にはこの印刷はありません。正規品を見分ける重要なポイントとなります。

1行目・・・警察署名
2行目・・・アルファベットと数字5桁
3行目・・・岡山県防犯登録証

1行目と2行目は同じです。
この旧ステッカーと類似したものが出回っています。
よく見るとアルファベットが2つのものや数字の桁数が違うなど
少しずつ変えてあります。また、店名が印刷されているものはすべて類似品です。ぱっと見ただけでは分かりにくくなっています。ご注意下さい。

盗難に遭った場合

自転車の盗難が多発しています。
特に鍵を掛けていたにもかかわらず、盗難に遭うケースが頻繁に発生しています。
こうした盗難に遭わないためにもまずはツーロックを実践しましょう。
もし、盗難に遭われた場合は、防犯登録カードを持ってお近くの交番もしくは警察署に盗難届を出してください。

防犯登録カードを紛失している場合は、
必ずご本人が運転免許証などの身分証明書を持って、警察署まで出向いて下さい。

防犯登録のデータは個人情報です。
本人確認が取れない方のデータ照会は出来ません。もちろん、電話での問合せにもお応えできません。

PAGE TOP